--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
めちゃくちゃ久しぶりの更新です!
って、もういい加減だれもこんな放置ブログ見てないってか。

この更新するまでに、燻製も色々したし、Cちゃんも大きくなったし、
色々書こうと思えば書く事は沢山あったんですけど、
仕事のほうがバタバタでなかなか書けず。


むちゃくちゃ昔から当ブログを読んでくださっている方ならご存知のとおり、
靴のパタンナー兼生産管理的仕事をしているんですが、
知ってのとおり、この不景気に加え、先の地震による買い控えなどもあり、
もらっていたオーダーがキャンセルになったりとかで。
なかなかいい状況とはいえない状況。

そんな市場としての日本がヤバい中、中国では経済発展著しく、
人件費もどの地方へ産地を移そうとなかなか高騰していて産地としての中国もヤバい状況になってまして、
とうとうこういう所にまで出張に行くことになってまして。



IMG_0087.jpg


え?どこかって?
(ダレも聞いてないか)


香港国際空港経由で・・・
IMG_0080.jpg


初めての香港で、祈祷室があることに驚き・・・
(※たぶんアジアのハブ空港なのでイスラム教徒が祈祷出来る様に)
香港はアジアのハブ空港なので空港内にお祈り部屋がある


さらに飛行機を乗り継いで、途中、機内食でカレーを食べつつ・・・
機内食はカレーでした


話題作「ブラックスワン」を見ながら・・・
(英語の喋りで英語字幕で見たので内容理解率70~80%ぐらいでしょうか・・・
でも楽しめました。ナタリーポートマン、いい女優さんになりましたね)
IMG_0079.jpg


すんごいざっくりとしたイミグレーションをパスして・・・
(中国とか、日本でもそうですけどイミグレってもうちょっと審査官と渡航者の間にガラス張りになってたり
するんですけど、そんなに一切なし。並ぶ列もすんごいザックリ。)
IMG_0089.jpg


着いた国がこんな感じ。
バングラ首都のメインストリートを一つだけはずれた路でこの感じ


・・・・・・・って結局ドコやねん!って?
(聞いてないか)





答えはバングラデシュです。
今回、初バングラデシュ出張なのですが、
なかなか面白い国です。


まず天気ですが、
今は雨季に入ってるので、一日一回は必ずジャンジャン降りの雨が降ります。
よく「バケツをひっくり返したような雨」と表現する事がありますが、
こっちのはバケツでは済まないです。
会社の専務が僕よりさきにバングラ出張を経験していたのでその時に聞いた話では、
バスタブをひっくり返したような と表現してましたが、
僕が来た時期はまさに雨季突入してて、バスタブでも済まない感じ。
まぁたとえるなら25mプールひっくり返した感じ。
そんな感じなので、スコールの時は外の移動はほぼ不可能。
実際、靴に使うレザー屋さんでレザーの確認などの仕事が片付いて、さぁ移動しようと思った矢先に
レザー工場の屋根がバタバタ音がしだしたので何かと外を見たらスコールで、
それから1時間足止め・・・
降り止んでも地面がどっぷり水に浸かっているところもあり、日常的に床下浸水状態。
これには驚きました。

次に交通ですが、外国人はバスにはまず乗れないと思ったほうがいいかんじ。
人が多すぎるのと、治安の面で。タクシーはもっとムリかも?
昼間でもドコに連れて行かれて何をされるか分からないので。
鉄道は首都のダッカですらろくな働きをしてない感じ。
他に人力車だったり、オート3輪なんかがタクシー代わりに走ってますが遅くて使えない。
じゃあどうすんのと言えば、現地で運転手雇って迎えに来てもらうのが一番堅い。
人件費は安いのでガス代と昼食代、給料払ってもまぁ安く利用できます。
電話すればすぐ迎えに来てくれるし。

んで、食事はと言えば、ほとんどカレー。
しかもゴハンとカレーを「手」で混ぜて「手」で食べます。しかも器用に右手だけで。
左手はイスラムではたしか不浄の手とされているとかで食事の時には使わないということだったかと思います。
まぁ外国人はスプーンで食べますけどね。
そのほかにタイや中華料理もそれなりにありますが、まぁ普通な感じ。
お店を変えてタイ料理や中華料理を食べに行ってもどの店も同じメニューなので少々飽きる・・・。
まぁそんなにジタバタするぐらいなら地元のカレーを潔く諦めて食べ続けた方がいいかという感じ。
値段はカレーで大体70~150TKぐらい。TKとは現地の通貨で「タカ」といい、
日本円との換算レートは1TK≒1.1円ぐらいなので、ローカルの食べ物は結構安い。

政治的には2大政党が5年を目処に政権交代するような争いをしているらしく、
この政党のトップ同士がかなり仲が悪いらしい。

↓結構でかい音でます



こんなかんじで反政府街頭演説は結構日常的。
大規模なデモもたまにあるらしく、ずばり、今日は大規模な反政府デモの日で
危険なので外出も仕事もせずにホテルに缶詰です。

で、肝心の仕事なんですけど、
実はひょんなことから知り合った日本人社長がやっている貿易会社と取引する事になって
今回こういう形でバングラで仕事する事になったんですが、その会社に、知ってる人は知っている、
ここがヘンだよ日本人に出ていたアクタ=ドンさんと仕事をしています。
日本にいるときは自分で何店舗も店を持っていたのでかなり金持ちなのに
雇われ社員として働いているのが不思議。
日本語はかなり上手。なかなか面白い人ですよ~。

バングラデシュの人は基本的には人懐っこい穏やかな国民性ですが、
中国以上に貧富の差が激しく、下級層の人は本当に生活も苦しく、
時々恐喝などの犯罪があるらしく、夜間は外国人は絶対に外出できません。


ちなみにバングラって場所的にはインドの横っちょです。
よくもまぁ仕事でここまで来たなぁという感じ。。。
仕事で行った場所、google mapにまとめるようにしてるんですが、
中国をまとめだした頃に、よくもまぁここまで行ったなぁと思ったもんですが、
今回は・・・ホンマ遠い!飛行機8時間ぐらい乗ってたかなぁ・・・
途中香港で2時間待ちだったし・・・


より大きな地図で 海外出張で行った所 を表示

まぁそんな国であと2週間仕事がんばります・・・



スポンサーサイト
今週頭からまた例のごとく、例の国に来ております。
勿論仕事なんですが、今回は出張の目的だった商品の生産が遅れていることもあって、
工場まで足を運ぶ意味が無いという状況が出来てしまい、
わざわざ中国まで出張に来たのに仕事できないという状況になっておりますです。。。

ということで、工場側が気を遣って上海一の観光スポット、『豫園』へ行ってきました。
『豫園』(日本語発音では【よえん】、中国発音は大体ですが【ユーユェン】)。
これだけ何度も中国に来ていて、観光は実は初めてだったりして~。

まぁさすがに『豫園』は超の付くほど上海一の観光スポットなので、存在は勿論知ってはいましたが。

行ってみると、平日にも関わらず人人人・・・。
まぁ中国に来て何を一番思うかというとやっぱり人の多さ。
都会じゃなくても人口密度が高い印象があって、よっぽど内陸にでも行かない限りは
中国沿岸部はどこ行っても日本で言う神戸とか大阪ぐらいの人口密集度。。。

幸いなのは今日は曇り時々雨という天気で比較的涼しいので観光にはもってこいの天気でした。
説明不要だと思いますが、『豫園』は古い庭園のことで、建物も情緒があります。



一つ残念なのはブランドのコピー商品を進めてくる輩がそこかしこにいる事。
さすがの観光気分も台無しです。
こういうところがちょっと中国的な感じがしますよね。
日本で同じようなところで言えば例えば、岡山の美観地区や京都の金閣寺の敷地内でそういう商売をしてる感じですからね~
日本で考えるとありえない・・・。
中国も2010年に上海で万博をするんだからこういう観光地の細かい事に気をつけないとね~

SN3J0184.jpg

あと、建物は古いんだけど、中に入っている店はいかがわしげなお土産屋やアクセサリー屋、
絶対ライセンス契約してない、ご当地ドラえもんやアンパンマンのストラップ等を売る店・・・。
この辺の詰めの甘さがまた中国っぽくってちょっと残念・・・。
せっかくの建物、それなりのお店しか入れないようにしたらいいのに・・・。

とまぁ、そんな残念なポイントばっかり見てても楽しくないので、
工場側のおっちゃんと男二人でゲンかつぎに『九曲橋』を渡り・・・
(なんでゲンかつぎになるのかはリンク先の説明を参照してくださいね~)



おっさん二人は色気より食い気ということで、豫園内にある有名な小龍包のお店、
『南翔饅頭店』へ。
ここは超有名で、中国の観光とグルメの番組はよくココを紹介してますよね。
発祥は上海の嘉定区南翔鎮という場所で、僕が出張で行っている工場の地域なので、
昼ごはんに工場近くの小龍包屋さんでよく食べてたんですが、
工場側のおっさん曰く、『南翔が発祥だけど、旨いのは絶対こっち。』
ということだそうで。

この『南翔饅頭店』、1階と2階があり、しかも2階にも何個か部屋が分かれていて、
店の奥の部屋に進めば進むほど、ランクが高く、
食材が全然違うので、1階で売っている小龍包の値段の数十倍の値段にもなるわけです・・・。

今回は工場のおっさんの計らいで一番ランクの高い『鼎興楼』という部屋で頂きました~
成人男性二人で200元!!日本円で3000円ぐらいですね。
円で考えるとちょっと高いかな~というぐらいですが、
200元あれば成人男性が上海の中心地のそこそこのレストランでおなか一杯食べておつりが来る
値段なので、小龍包だけで200元と考えると結構リッチなお食事でした。
さすがに高いだけあって、工場の近くの南翔鎮で食べるものとは全然違い、
(といっても南翔鎮の地域のものもかなり旨い)
めちゃくちゃ旨かったですよ~
上海蟹の味噌が入ったものと、オーソドックスな豚肉のものと2種類を頂きました~
蟹も旨かったですけど、やっぱり元祖の味、豚が一番旨かったな~!


・・・・・・豫園の観光も花より団子で、小龍包に舌鼓を打った男二人は早々に豫園を後にして、
もういっこ有名なスポット『東方明珠電視塔』へ向かいました・・・。
が、天気が悪かったので塔に登っても上海の景色を見れないし、
塔の近くが2010年の上海万博に向けて、改修作業がされていて、歩行エリアの制限があって
近くまでいけないということで、あえなく中止・・・。

中止にして、もう行くところも無いな。。。ということで工場のおっさんと早々にホテルへと
帰り着いた直後!!雷とすんごい雨・・・!!
ラッキーなのかアンラッキーなのか。まぁ不幸中の幸いなのかな~。
『東方明珠電視塔』はまた今度、もっと時間ある時に。とういうことで、
半ドンでしたが、日ごろの仕事疲れがちょっと取れた午前中でした。



04/09/2009    タボ~
たまには仕事の話なぞ。

先月は中国に行って忙しかったですが、
帰ってきてからもバタバタとしてて、今が絶頂って感じです・・・。

特にココ最近は僕の担当の某大型量販店と某有名TVショッピング大手会社の企画の時期が
重なり、しかも企画のアイテム数が多く、更には使用資材(革とか合皮)の種類や色数が
やたらと多い客先なので、終わりの見えない無間地獄です・・・



それでも、この某TVショッピング会社への企画は
大型量販店への企画などとは違い、商品の単価が高いので、
大型量販店向けの商品にはとても使えない高い資材を使ったり出来るので、
結構自分の感覚の赴くままに企画出来てちょっと楽しかったりもするんですが。

ここ数年、大型量販店向け企画ばかりで変わり映えしない商品展開だったので、
最近は仕事的には大変なものの、企画のしがいがあって、
実は楽しんでたりもします。

今週はこんな感じで机の上が片付かない日々が続くんでしょうが、
入社当時の企画の楽しさを久々に味わいたいと思います。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。